タイ 
ピマーイ遺跡

 ピマーイ遺跡は、タイ東北部(イサーン)にあり、ナコーン・ラーチャシーマー(コラート)の東北約60kmの場所にあります。クメール遺跡のなかでも珍しいアンコールワット様式の遺跡。赤土で作られたり。砂岩で作られたりと、仏教とヒンズー教の影響が入り交じる遺跡です。
 11世紀、アンコール朝のスリヤバルマン1世の時代に建てられたといわれています。南北1030m東西665mの城壁に囲まれ東西南北に門がありました。城壁内の中心にはピマーイ寺院(現在のピマーイ遺跡公園)がありました。現在でも西側に城壁が残っており、南門(プラトゥー・チャイ:勝利の門)は当時の面影を忍ばせます。ピマーイ遺跡公園には、ナーガ・ブリッジ回廊中庭:塔(プラート)などが残っています。遺跡公園の北東約100mのところにピマーイ国立博物館があります。ピマーイ遺跡やナコーン・ラーチャシーマー(コラート)周辺で発掘されたクメール遺跡の出土品を展示しています。ピマーイのホテル
 
ピマーイ遺跡

ピマーイの地図

ピマーイの地図
 
ナーガ・ブリッジ
ナーガ・ブリッジ
回廊
回廊
プラート
中庭:塔(プラート)
上記以外 ピマーイ遺跡の写真
 

 

Copyright © 2005-2009 Thailanding. all rights reserved.