タイ 
タイ > バンコク
 
ワット・ラーチャブラナ

 ワット・ラーチャブラナ(Wat Ratchabrana)は、アユタヤ王朝末期に創建された比較的地味な寺院です。境内の北側には、タイで亡くなった日本人のための納骨堂があります。この納骨堂は、1933年に金閣寺を模して建てられ、現在も高野山から派遣された僧侶が納骨堂を守っています。ワット・ラーチャブラナは、チャイナタウンから南西500メートルのチャクラペット通りに面した場所にあります。
 
ワット・ラーチャブラナ 地図
 
地図データ 読み込み中 .......
 
この場所にワット・ラーチャブラナの地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
1. ワット・ラーチャブラナ
2. ワット・ラーチャボピット
3. 中国寺院
4. ワット・ボピット
5. パーク・クローン市場(野菜・花市場)
6. パフラット市場(インド人街)
 

 

Copyright © 2005-2018 Thailanding. all rights reserved.