タイ 
タイ > バンコク
 
ワット・ベンチャマボピット

 ワット・ベンチャマボピット(Wat Benchamabophit)は、ラマ5世によって1899年に建立された寺院です。本堂には漆と金で装飾された見事な大梁があり、広々とした中庭の回廊には ブロンズの仏像が何体も並んでいます。これらの仏像は世界各地の仏像様式で作られています。「大理石寺院(The Marble Temple)」として知られています。正式名称は、ワット・ベンチャマボーピット・ドゥシットワナーラーム=ラーチャウォーラウィハーン(Wat Benchamabophit Dusitvanaram)です。大理石は、イタリア産です。ワット・ベンチャマポビット 公式サイト
 交通機関はバスしかなく、路線バス 16番、23番、72番、157番、201番、503番がワット・ベンチャマボピットの近くに停車します。
 
ワット・ベンチャマボピット
 
仏の回廊
仏の回廊
お坊さんの昼食
お坊さんの昼食

 
ワット・ベンチャマボピット地図
 
地図データ 読み込み中 .......
 
この場所にワット・ベンチャマボピットの地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
  1. ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)
  2. ロイヤル・ターフ・クラブ(競馬場兼ゴルフ場)
  3. ドゥシット動物園(カオ・ディン)
  4. アンボーン公園
  5. 総理府
  6. 警察博物館
  7. ウィマンメーク宮殿
  8. ラーチャダムヌーン・ボクシング・スタジアム
  9. ワット・インドラウィハーン
  10. アナンタ・サマコム宮殿(旧国会議事堂)
 

 

Copyright © 2005-2018 Thailanding. all rights reserved.