タイ 
アユタヤ遺跡 ワット・ロカヤスタ

 ワット・ロカヤスタ:大草原に悠然と横たわる高さ5m、全長28mの白い巨大寝釈迦仏像。穏やかな表情と人間味あふれる姿で人々を魅了しています。
 建設は後期アユタヤ王朝中期で、当時は他の仏教施設もあったという。アユタヤ王朝陥落時(1767年)に大部分がビルマ軍の破壊に会い、現在は涅槃仏のみが残っています。涅槃仏は北方を向いて寝ています。その建築は煉瓦で形を作ってのちに漆喰で固めた物です。
 
ワット・ロカヤスタ
 

頭部から見た全体像
頭部から見た全体像
足の裏
足の裏
お顔
お顔
足から見た全体像
足から見た全体像
 

 

Copyright © 2005-2009 Thailanding. all rights reserved.