タイ 
アユタヤ遺跡 > ワット・プラ・マハタート

 ワット・プラ・マハタートは「謎に包まれた13世紀の名残り」とも言われています。木の根に包み込まれた仏頭が有名な寺院です。1767年、ビルマ軍の戦火で廃墟となりましたが後に再建されました。発見された黄金の宝物は、アユタヤのチャオ・サン・プラヤー国立博物館に陳列されています。
 
ワット・プラ・マハタート
 
木の根に包み込まれた仏頭
木の根に包み込まれた仏頭
それなりの大きさ
それなりの大きさ
頭を切り落とされた仏像
頭を切り落とされた仏像
 

 

Copyright © 2005-2009 Thailanding. all rights reserved.