タイ 
タイ > バンコク
 
宮殿

 ラタナーコーシン島と呼ばれるチャオプラヤー川とローッ運河に挟まれた地域がバンコク発祥の地です。中心的施設は、バンコク最大の観光名所となっているワット・プラケオ(エメラルド寺院)です。ワット・プラケオに隣接し王宮があります。王宮の20万平方メートルの敷地内には沢山の宮殿が建ち並び、チャクリー・マハ・プラサート宮殿(ヴィクトリア様式とタイ様式が融合した建物でチャクリー王朝100周年を記念して建築された宮殿)、ドゥシット・マハ・プラサート宮殿(王の戴冠式が行われる宮殿)、アマリン・ウィニチャイ堂(国王誕生日や国家行事に使用)、ボロマビマン宮殿(歴代王が住んだ宮殿)、ブッダ・ラッタナスターン堂、プッタイサワン・プラーサート宮殿などがあります。チャクリー・マハ・プラサート宮殿の前には、衛兵が建ち、衛兵交代式を見ることが出来ます。なお現在は王宮に国王は住んでいません。
 王宮以外の宮殿としては、旧サラーンローム宮殿、トリムック宮殿、アナンタ・サマコム宮殿(旧国会議事堂)、ウィマンメーク宮殿(ラーマ5世が住んだ宮殿、ガイドツアー形式の一般公開が行われています)、チットラダー宮殿(プーミポン国王一家が住んでいる宮殿、当然内部見学不可)、スアン・パッカード宮殿などがあります。
 
バンコクにある宮殿 地図
 
地図データ 読み込み中 .......
 
この場所にバンコクの宮殿の地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
  1. 王宮
  2. 旧サラーンローム宮殿
  3. トリムック宮殿
  4. スアン・クラーブ宮殿
  5. アナンタ・サマコム宮殿(旧国会議事堂)
  6. ウィマンメーク宮殿
  7. チットラダー宮殿
  8. スアン・パッカード宮殿
  9. ワット・プラケオ
  10. 総理府
 

 

Copyright © 2005-2018 Thailanding. all rights reserved.