タイ 
タイ地図
 
クメール遺跡地図

Google Map を利用したタイ国内にあるクメール遺跡の場所が判る地図です。
赤バルーンアイコンがタイ国内、青バルーンアイコンが本家カンボジア、緑バルーンアイコンがラオスにあるクメール遺跡です。
地図データ 読み込み中 .......
 
この場所にクメール遺跡地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
タイにある主要なクメール遺跡
  • ナコーン・ラーチャシーマー(コラート)周辺
    • ピマーイ遺跡(Prasat Hin Phimai Historical Park)
      アンコール王朝最盛期のスールヤバルマン1世(11世紀前半)の時代に完成したとされる寺院跡、ナコーン・ラーチャシーマーからバスで1時間10分、こじんまりした町だがホテルがある。遺跡は、ピマーイ遺跡公園として綺麗に整備されている。
    • パノム・ワン遺跡(Prasat Hin Wat Phanom Wan)
      ピマーイ遺跡と同時期に建立された寺院跡、ナコーン・ラーチャシーマーの北東約20キロメートル
     
  • スリン周辺
    • シー・コーラプーム遺跡(Prasat Hin Sri Khoraphum Historical Park)
      11世紀にヒンドゥー教寺院として建立され、16世紀に仏教寺院となった。シー・コーラプーム遺跡公園として整備されている。スリンからバスに乗りシー・コーラプームまで行き(所要45分)、そこから歩いて15分。
    • バーン・プルアン遺跡(Prasat Hin Ban Phluang)
      アンコール王朝最盛期(スールヤバルマン1世から6世の時代:11世紀から13世紀)に建設された神殿跡。スリンからナコーン・ラーチャシーマー行きのバスに乗り途中のプラサートで下車(所要30分)し、モーターサイで5分。
    • プラサート・プームポン遺跡(Prasart Poompon - Sangkha)
      タイ最古(8世紀頃)のクメール神殿跡、塔の一部が残っているだけ。スリンからサンカの町までバスで行き(所要1時間30分)、更にモーターサイで約15分。
     
  • ブリーラム県
    • パノム・ルン遺跡(Map of Phanom Rung Historical Park)
      アンコールワットと同時期の12世紀頃に建設。パノム・ルン遺跡公園として整備されている。ナコーン・ラーチャシーマーからスリン行きのバスに乗りバーン・タコーで下車(所要2時間から3時間)し、モーターサイで約20分。スリンからバーン・タコーまではバスで1時間半。
    • ムアン・タム遺跡(Prasat Muang Tam Historical Park)
      10世紀から11世紀頃に建立されたヒンドゥー教寺院。ムアン・タム遺跡公園として整備されている。パノム・ルン遺跡から南東へ5キロメートル。
     
  • シーサケート周辺
    • サ・カンペーン・ノーイ遺跡(Prasat Hin Wat Sa Khampaeng Yai)
      アンコールトムと同時期(12世紀頃、ジャヤバルマン7世の治世)に建立された神殿跡。シーサケートから12キロメートル。シーサケートからウトゥムポン・ピサイ行きのバスに乗り、途中の「ワット・サ・カンペーン・ノーイ」で下車(所要15分)。
    • サ・カンペーン・ヤイ遺跡(Prasat Hin Wat Sa Khampaeng Yai)
      11世紀頃に建立された神殿跡。シーサケートから24キロメートル。シーサケートからウトゥムポン・ピサイまでバスで行き(所要50分)、サムロー(三輪自動車)を利用。鉄道で行く場合は、ウトゥムポン・ピサイ駅から西へ歩いて15分。
     
  • カオ・プラ・ウィハーン遺跡(Khao Phra Wiharn)
    9世紀末に建立され11世紀に現在の姿にナットされる寺院跡、カンボジア名:プレアビヒア寺院遺跡)、遺跡自体はカンボジア側にあるがタイ側からしか行けない。2008年世界遺産に登録(タイ・カンボジアで国境線を巡る紛争が発生。かなり辺鄙な場所(最寄の大きな町はカンタララック)のため基本的には車をチャーターする。ウボン・ラーチャターニーから車で1時間半、シーサケートからも車で1時間半。
カンボジアのクメール遺跡
  • アンコール遺跡(Angkor):アンコールワットやアンコールトムなど
  • コーケー遺跡(Koh Ker):アンコール遺跡から北東へ約100キロメートル
  • ベンメリア遺跡(Beng Mealea):アンコールワットの建設前の、11世紀末から12世紀頭に建設されたヒンドゥー教寺院。
  • バンテアイ・チュマール遺跡(Banteay Chhmar):アンコールとピーマイを結んだ王道上に建設された寺院跡。シェムリアップから約180キロメートル(車で3時間半)。
  • サムボー・プレイ・クック遺跡群(Sambor Prei Kuk)
  • プレア・カン・コンポン・スヴェイ遺跡群(Preah Khan Kompong Svay):アンコールとサムボー・プレイ・クックを結ぶ王道上に建設された寺院跡。アンコール期の遺跡で最大級の外周壁を持つ遺跡として知られている。
  • プレアビヒア遺跡(Preah Vihear):タイ名 カオ・プラ・ウィハーン遺跡
ラオスのクメール遺跡
  • ワット・プー遺跡(Wat Phou):クメール発祥の地ともいわれる場所(ラオス南部)にある寺院跡
  • ウム・ムアン遺跡(Oum Moung):ワット・プー遺跡の近く
 

 

Copyright © 2005-2018 Thailanding. all rights reserved.